趣味はゲーセンめぐり

ファラオさんによるゲームセンターの訪問記録

最新クイズゲームQuizKnock STADIUM・ロケテスト版の出題形式全9種について解説!

f:id:pharaohkai:20220107011304p:plain

ゲームパニック新宿歌舞伎町で行われたアーケード用クイズゲーム『QuizKnock STADIUM』のロケーションテスト体験記。

 

『QuizKnock STADIUM』ロケテストについての他の記事はこちら。

pharaohkai.com

pharaohkai.com

全9種のクイズ形式から、4人が選んだ形式で戦う全4ラウンド制

おさらい:全4ラウンド制!リーグを上げて新形式を解放!

クイズ形式は全部で9種類が存在し、各プレイヤーが選択した形式で戦う。
自分が選んだ出題形式にはボーナスが発生するため、自信のある形式を持っておくことが重要である。

初期状態で選択できるクイズ形式は早押しKnock、トレンドKnock、フラッシュKnock、倍速Knock、モザイク画像Knockの5種類である。
シルバーリーグに昇格するとNOひらがなKnock、ダッシュ画像Knockが、ゴールドリーグに昇格すると逆再生Knock、虫食いKnockが解放される。

f:id:pharaohkai:20220107011427p:plain

ロケテストでプレイしてわかった、9つの出題形式の詳細

初期状態から選択できる5形式

早押しKnock:オーソドックスな早押しクイズ

早押しKnockは、オーソドックスな普通の早押しクイズである。

このゲーム共通の仕様として、問題文はディスプレイによる表示と伊沢拓司による読み上げの両方が行われる。
ボタンを押した上位3人までが解答権を得られる。
すなわち、1人だけ解答権を得られないプレイヤーが発生するということである。

ジャンルは多岐に渡るが、ジャンル自体は選択することができない。
また、問題そのものは他の形式と共有のようである。

またこれも他の形式と共通の仕様だが、解答は文字数が表示され、1文字解答する度に1文字ずつ選択肢が提示される。
言葉だと説明しづらいが、セガの『アンサー×アンサー』と同様、と言えばわかる人が多いだろうか。

f:id:pharaohkai:20220107011449p:plain

トレンドKnock:最近のことがらから出題

トレンドKnockは、最近の時事問題が出題される早押しクイズである。

出題・解答形式そのものは早押しKnockと同様である。
早押しKnockとの違いは、出題内容が最新のトピックから出題されることである。
ユーチューバーや最新の科学トピックなど、扱われる範囲は幅広いが、どれも最近話題になった事項をもとに問題がつくられている。

トレンドKnockのみ、難易度は「all」しか選択できない。
また、ゴールドリーグ(以上?)ではトレンドKnockは選択できなくなるようだ。

フラッシュKnock:一瞬表示される問題を見て答える

フラッシュKnockは、一瞬だけ表示される問題文を読んで解答する早押しクイズである。

問題文は読み上げられず、画面の表示のみを見て答える。
表示前に問題文表示時間が提示され、その秒数だけ問題文が表示される。
だんだん表示される時間は長くなっていき、1回目は0.5秒、2回目は1.5秒、3回目は3秒である。
どのタイミングで表示されるかは下画面の時間制限バーに示されている。

ジャンルだけは事前にわかるため、うまくキーワードを拾う能力が求められるだろう。

倍速Knock:高速で読み上げられる問題文を聞いて答える

倍速Knockは、超高速で読み上げられる問題文を聞き取ることで解答する早押しクイズである。

問題文は高速で複数回読み上げられる。
読み上げの度にスピードがゆっくりになっていき、1回目は2.5倍、2回目は2.0倍となる(3回目は未確認)。

また、ディスプレイ上には1文字ずつ問題文が表示される。
個人的には、モニターの表示を読んだ方が理解しやすいと感じた。
各自のインプットしやすい方を重視されたい。

モザイク画像Knock:ぼかし入りの写真などを見て答える

モザイク画像Knockは、ぼかしが入った写真やイラストを見て解答する早押しクイズである。

「この地図記号は何でしょう?」「この歴史上の人物は何でしょう?」といった問題文の表示・読み上げが行われたあと、モザイク処理された画像がだんだん鮮明になっていく。
クイズマジックアカデミー』のエフェクトクイズ、『アンサー×アンサー』のビジュアルクイズとほぼ同様の出題形式である。

シルバーリーグで解放される2形式

NOひらがなKnock:かなが消された問題文を見て答える

NOひらがなKnockは、ひらがなが消された状態の問題文を読んで答える早押しクイズである。

基本的には早押しクイズと同様であるが、問題文のひらがなの部分が「_」に変わっている。読み上げはない。
文字数は数えればわかるが、表示のテンポは通常と同じなので、現実的にはだいたいの数を把握するのがやっとであろう。
熟語が多く出題されるとわかりやすいか。

ダッシュ画像Knock:狭いすき間を通過する画像を見て答える

ダッシュ画像Knockは、狭いすき間を高速で移動する写真やイラストを見て解答する早押しクイズである。

問題画像がスライドするタイミングは複数回ある。
回を重ねる度に間隔が広がって見やすくなる。
画像に対する処理が違うこと以外はほぼモザイク画像Knockと同様である。
ただし、性質上スライドのタイミング以外では画像を全く確認できないので注意が必要である。

ゴールドリーグで解放される2形式

逆再生Knock:逆再生される問題文を聞いて答える

逆再生Knockは、逆再生される問題文を聞いて答える早押しクイズである。

逆読みではなく逆再生であるため、音声を聞いて答えるのは難しい。
問題文も最後から表示される。
こちらは文字媒体である都合上単純に表示が後ろからになるだけである。
そのため、実質的に画面から問題情報を得ることになるだろう。

虫食いKnock:散在して表示される問題文を読んで答える

虫食いKnockは、虫食い状態で散在して表示される問題文を読み取って問題に答えるクイズである。

出題される問題文は、1文字ずつ点在して表示される。
そのため、まずはキーワードを読み取ること、あるいはそもそも文の構造を読み取ることが重要である。

f:id:pharaohkai:20220110010626p:plain

QuizKnock STADIUMの基本情報

タイトル:QuizKock STADIUM(クイズノック スタジアム)
ジャンル:クイズ
発売:コナミアミューズメント
Web:https://p.eagate.573.jp/game/qk_stadium/1/

p.eagate.573.jp